社会医療法人三栄会 ツカザキ在宅事業部社会医療法人三栄会 ツカザキ在宅事業部

事業所へのアクセス 079-299-1185
三栄会のご紹介
文字サイズ
079-299-1185
アクセス

訪問リハビリってなに?

Top > 訪問サービスとは? > 訪問リハビリってなに?

訪問リハビリQ&A

皆さんは訪問リハビリをご存知ですか?まだまだ聞き慣れない方も多いと思います。そこで、今回は訪問リハビリを少しでも身近なものとして知っていただけるよう、皆さんから寄せられる質問をもとに訪問リハビリについてご紹介したいと思います。

ココが知りたい!!訪問リハビリQ&A

Q1
そもそも訪問リハビリって?
A1
訪問リハビリは、在宅での生活に不安を抱えている方々の自宅にリハビリスタッフ(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士) が訪問し、日常生活や社会参加の向上を図ることで、利用者が安心・安全にその人らしい生活を送れるように支援をしていくサービスです。病院とは違い、実際の生活場面に即した訓練や環境調整を行うことができます。
Q2
訪問リハビリってどんなことをするの?
A2

利用者の状態や希望に応じ、担当のリハビリスタッフが練習メニューを考案します。

例)関節の運動、筋力トレーニング、歩行練習、バランス練習、認知症への対応、福祉用具や補装具の提案、日常生活のアドバイスなど

Q3
訪問リハビリの対象は?
A3
介護保険、または医療保険にてご利用になれます。医療保険ご利用の場合、以下の特定疾患に該当する方、または、要支援・要介護に該当しない方が対象となります。また、当ステーションからの訪問可能な地域は、姫路市(家島や安富は除く)、太子町となります。
特定疾患
  • ①末期の悪性腫瘍
    ②多発性硬化症
    ③重症筋無力症
    ④スモン
    ⑤筋萎縮性側索硬化症
    ⑥脊髄小脳変性症
    ⑦ハンチントン病
  • ⑧進行性筋ジストロフィー症
    ⑨パーキーソン病関連疾患
    ⑩多系統萎縮症
    ⑪プリオン病
    ⑫亜急性硬化性全脳炎
    ⑬ライソゾーム病
    ⑭副腎白質ジストロフィー
  • ⑮脊髄性筋萎縮症
    ⑯球脊髄性筋萎縮症
    ⑰慢性炎症性脱髄性多発神経炎
    ⑱後天性免疫不全症候群
    ⑲頸髄損傷
    ⑳人工呼吸器を使用している
     状態及び急性増悪期の場合
Q4
どのくらい料金がかかるの?
A4
介護保険利用の場合
利用時間 20分 40分 60分
基本料金 ¥308 ¥617 ¥833
サービス提供体制加算 ¥6 ¥12 ¥18
基本料金 ¥314 ¥629 ¥851
※上記を基本とし、別途加算による負担が必要となる場合があります。
医療保険利用の場合
週3回まで1回 基本療養費/¥5,550
週4回まで1回 基本療養費/¥6,650
毎月1日目訪問 管理療養費/¥7,400
毎月2回目以降の訪問 管理療養費/¥2,980
保険種別 負担額
後期高齢者
医療保険の方
70歳以上、
75歳未満の
国民保険の方
(一般)
1割負担
70歳以上、
75歳未満の
国民保険の方
(高所得)
3割負担
特定疾患の方 一部自己負担(負担限度額あり)
※上記 ① + ② をした額に ③ を割り引いた額が負担額となります。
Q5
どうやって利用するの?
A5
① 申し込み
・かかりつけ医、または担当の介護支援専門員(ケアマネージャー)にご相談下さい。
・かかりつけ医のない方は、直接当ステーションへご相談下さい。>お問い合わせはこちら
② 指示書の交付
・当ステーションが、かかりつけの医師と連絡を取り、指示書の交付を受けます。
③ 利用開始

訪問言語聴覚士(ST)のご紹介

●訪問言語聴覚士(ST)とは…

 言語聴覚士(ST)は、脳卒中や事故、先天的な病気などによる、構音障害や高次脳機能障害(言語・思考・記憶・行為・学習・注意に障害が起こった状態)などのコミュニケーションにお悩みの方や食べる、飲み込むといった、摂食・嚥下機能に問題をお持ちの方に対して、心身機能の回復・維持を図るリハビリを行います。
 訪問言語聴覚士(ST)は、リハビリを受けたくても通院できない、近隣に専門施設がないという方や、ことばが思うように話せないために外に出ることが苦手であるという方、摂食・嚥下障害のためご自宅のお食事に困っている方へ、STがご自宅へお伺いし、ご本人様・ご家族様の希望に沿ったリハビリプランを立案し、検査・治療・支援・援助をご自宅で行います。
対象となる方
  • ・ことばが思うように出ない
  • ・声が思うように出ない
  • ・記憶に問題がある
  • ・水分や食事でむせる
  • ・口の中が汚れやすい
  • ・呂律がまわらない
  • ・涎が出やすい
  • ・注意集中ができない
  • ・食事がうまく食べられず脱水や低栄養が心配
※食事のリハビリについては誤嚥性肺炎の危険性が伴う為、事前に検査が必要です。
 症状によっては訪問での訓練ができないこともあります。
ツカザキ訪問看護ステーションでは、現在言語聴覚士(ST)が3名在籍しております。主治医の指示のもと、ケアマネージャーや訪問看護、他のリハビリ職種(理学療法士・作業療法士)などと連携を図りながら、ご利用者様が在宅でより良い生活が送れるようにリハビリテーションを提供しています。上記のような症状がある方、又は気になる方は、地域連携室かケアマネージャー、リハビリスタッフまでご相談ください。

訪問サービスに関するご相談は、下記電話またはメールにてお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

ツカザキ訪問看護ステーション
079-299-1185 月曜日から土曜日 (午前9:00~午後5:00)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム ※内容をご確認の上ご連絡させていただきます。
スタッフ募集